総量規制があるので収入のない専業主婦はお金を借りることができない?

専業主婦お金借りれる?

 

カードローンなどでお金を借りすぎることがないように総量規制がひかれています。あまり聞きなれない言葉ではありますが、ローンを検討している人にとって、重視しないといけない制度でもあります。

 

特に自分自身で収入のない専業主婦にとって、とても重要な意味を持つ総量規制を詳しく見ていきましょう。

 

 

総量規制ってどんなもの?

「総量規制」とは、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

 

借りすぎや貸しすぎにより、借金が膨らんでしまい返済することが出来ないといった危険性を防ぐために、個人の年収の3分の1以上の借り入れを禁止するといった法律です。
その為、消費者金融では収入のない専業主婦だとお金を借りることが出来ません。

 

銀行系のカードローンの場合、専業主婦でも貸してくれる所はありましたが、金融庁が銀行カードローンへの規制を強化したので、専業主婦で申し込める銀行カードローンはなくなりました。

 

配偶者貸し付けを利用しても借りることができない?

総量規制の例外貸し付けの中に「配偶者と合算して年収合計の3分の1を超えない貸付」とあります。これを「配偶者貸付」と呼ぶのですが、必要な書類さえそろえば貸付を行うことが出来る銀行や消費者金融もありました。でも最近の情勢ではこれも厳しくなっています。

 

専業主婦ではなく、安定した収入のある主婦であればお金を借りることができる可能性が上がります。

 

バイトだけにとどまらず、クラウドサービスを利用した内職や、オークションで定期的に何かを売っているなど、証明できるものがあれば主婦の方でも申し込める可能性があります。

 

ですのまずは、そういった収入があるかどうかを確認してみることが大切です。

 

結論を書くと、専業主婦ではお金は借りれません。ただし、安定した収入のある主婦なら借りれる可能性があります。

 

⇒今すぐお金借りるならこのカードローンから選ぼう