JAや労金のローン審査って厳しいの?審査通過率はどのくらい?

審査に通る?通らない?

JAや労金のローンは他の金融機関などと比較して、金利の低さがとても魅力的ですよね。

 

組合員や団体会員であれば10.0%を切ることも標準です。それだけ安い金利なのであればJAや労金のローンを使いたい!誰もがそう思うと思います。ただし、それだけの低い金利で貸してくれるということはそれだけ審査も厳しくなるということ。実際に審査を通らない人はどのぐらいいるのでしょうか。

 

JAや労金の審査は通りにくい?

まずJAや労金のローンは以下の点に注意が必要です。今現在他社の借り入れがある場合はまずローンは通りません。

 

よく、低金利で審査が通りやすいといった話を聞くこともありますが、JAや労金においては至難の業ともいえるお話になってしまいます。団体や生協組合員がどうしても優先されてしまう為、一般人は望みが薄いとされます。

 

所属する団体や組合によっても審査基準が変わってしまうそうです。

 

さらに提出する書類がとても多いので、通常でも審査に1か月かかる場合もあります。ローンの審査のチェック項目に、1つでも当てはまると審査には通らないなど審査基準がとても厳しいのが現状です。さらに、店頭で直接確認を受ける必要があるなどとても手間もかかります。一般の人であればJAや労金の審査は殆ど受からないと、思っていてもいいでしょう。

 

JAや労金以外のローンも検討しよう!

ではどうしたらローンの審査を通ることが出来るのかというと、JAや労金の審査に落ちてしまったからといって、もうローンが組めないわけではありません。審査落ちを覚悟しておいて金融機関のローンにも申し込んでおき、必要に応じて融資を検討する方が賢明です。

 

金利の面だけを見れば非常に嬉しいメリットに溢れるJAや労金ですが、審査はとても難しいものだと思っていいでしょう。