国民年金保険料って免除することができるの?条件などは?

国民年金保険料の免除

 

収入的に「国民年金保険料」を支払うのがきつい…。そんな経験はありませんか。

 

国民年金保険料は毎月支払わないといけないばかりか、金額が高いので悩んでしまいますよね。実は国民年金保険料には免除制度というものがあります。

 

免除は誰でもすることが出来るのでしょうか?免除の条件について見てみましょう。

 

国民年金保険料の免除の条件とは?

国民年金保険料の免除金額は4段階にわかれています。

 

注意しないといけないのは、単身の場合は本人のみの収入で問題ありませんがご結婚されてしまうことや、ご両親と一緒に同居し、世帯主がご両親の場合は世帯主の所得も審査の対象となってしまいます。そうなると審査は益々通りにくくなってしまいますね。

 

・全額免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

 

・4分の3免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること、78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

 

・半額免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること、118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

 

・4分の1免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること、158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
日本年金機構ホームページより引用

 

失業・退職・学生の場合国民年金保険料免除は?

上記以外にも、「失業した時・退職した時」にも免除を受けることが出来ます。前年所得も審査対象になる為100%が全額免除になるわけではなく、4段階のいずれかになります。

 

失業・退職時は一度相談してみましょう。また学生の場合は「学生納付特例制度」が適用になります。

 

前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
日本年金機構ホームページより引用

 

金銭的に余裕がない場合、一度相談しておきましょう。未納が一番よくありません。