ファクタリングという資金調達法ってどういう意味なの?

ファクタリングの説明

「ファクタリング」が中小企業を中心に、注目されています。

 

「ファクタリング」は、売掛債権を第三者の専門会社が買い取る方法です。

 

取引先からの入金は、納品・請求後数ヵ月かかることもあり、すぐに現金が入ってくるわけではありませんので注意が必要です。
「借りない資金調達」方法で、 売掛金を予定する支払サイトより早く現金化し、運用・活用する事ができる事が大きなメリットとされています。

 

「ファクタリング」のメリットは沢山あります

中小企業の資金調達は特に厳しい状態だと言われています。個人授業主にとって売掛金は出来るだけ早く回収したいものですよね。

 

その売掛金が滞ってしまうと資金繰りも悪化してしまい倒産や廃業になってしまいます。

 

そういった取引先企業がある場合には「ファクタリング」を利用することで、2ヶ月早く現金を手に入れることができるのはとても有難いものですよね。お金を借りる必要がなくなります。銀行の融資を借りたいと思っても連帯保証人が必要なことや、それなりにリスクが伴うとされています。そういった中小企業の負担を減らすことが目的として「ファクタリング」は広まっています。

 

手形と「ファクタリング」の違いとは?

手形と何が違うのか?気になりますよね。「ファクタリング」は、手形とは異なり、銀行に持ち込むことがなく現金を受け取ることも出来ます。早期で売掛金を現金化出来ることで、中小企業では出来るだけ取り入れる必要があります。

 

「ファクタリング」した売掛金をもとに担保としてお金を借りることは出来ませんので注意してくださいね。

 

「ファクタリング」は中小企業にとって、今後期待される資金繰りの中でも特に重要視したい制度であります。お金をかりることなく、「ファクタリング」を取り入れることで資金釣りが良くなりビジネスローンの審査の通りやすさにも繋がります。